2020年06月26日

7/18声のヨガ・ワークショップ

皆さん、こんにちは。
湿度が高くて、蒸し蒸しする時期ですね〜あせあせ(飛び散る汗)皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

私は、身体を動かしたり、温かいハーブティーを飲んだり、アロマの精油を使い、スッキリ感を取り入れながら過ごしています。

さて、7月18日(土)13:30-15:00に、ZOOMによるオンラインにて、「声のヨガ・ワークショップ」を開催いたします。

これは毎月1回、私個人が主催しているもので、シルビア・ナカッチ氏の「ヨガ・オブ・ボイス」というメソッドを取り入れています。

私たちの声は、私たち自身の状態と、とても密接に関係しています。赤ちゃんの頃には、全身を使って声を出し、表現していた私たちですが、成長し、社会で生きてくる中で、「こうしなくては」「このようなことはしてはいけない」などと、自分で制限をかけてしまうことも多いのではないでしょうか。

そういった様々な状態が、声には表れています。声のヨガ・ワークショップでは、この声に働きかけていくことで、声を解放し、声を自由にしていくことで、私たちがイキイキと自分らしく、創造的に生きていけることを願って、開催しています。

ご参加される方々は、色々な方がおられます。声を出すことが嫌いだったけれど、続けていくうちに楽しいと感じられるようになられたり、声を出すことで、ご自身の中にある感情や思考的な枠に気づかれていかれたり・・・気になる方は、どうぞ一度体験してみてくださいね。現在はオンラインで行っています。

お申込みは、こちらから→こちらをクリック

いきなり、ワークショップはちょっと・・・という方は、30分間の「声のヨガ21分」というシリーズも行っていますので、そちらで体験をされてもよいかもしれません。

この「声のヨガ21分」は、私個人の主催ではなく、日本でヨガ・オブ・ボイスのプラクティショナーとして活動している3人のグループで運営しています。

内容は、ベーシックなシンプルなワークを1つだけ行っています。7月も続けて行っていきますので、また改めてご案内いたしますね。



セラピーHP:「Sound-Arts-Healing」





posted by YUKI HIRANO at 12:12| このブログについて

2020年03月12日

4/26声のヨガ・ワークショップ

皆さん、こんにちは。
だんだん暖かくなってきましたねぴかぴか(新しい)昨日はお天気もよかったので、近くの公園に散歩に行ってきました。

私はお花が好きなので、公園に行く途中の道端や、きれいにお世話をされているお宅に咲いているお花を、ゆっくり見ながらのお散歩でした。イキイキ咲いているお花や、ふくらんだ蕾をみているだけで、嬉しくなりますexclamation

コロナの影響で、なんだか落ち着かない日々が続いていますが、できることをやりながら、穏やかに過ごしたいものです。

さて、HPではご案内していましたが、3/1には「声のヨガ・ワークショップ(ヨガ・オブ・ボイス)」を開催しました。会場は広さがあるので、換気をしながら、1人1人の十分なスペースをとり、ワークも選びながら、行いました。こんな中、ワークショップに参加して下さった皆さまには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

このような時期ということもあって、皆さんそれぞれに、感情的なストレスがたまっているようでしたので、急遽、ザっと簡単に不要なものを流すようなエネルギー・ワークを行ってから、声を出していきました。

それぞれの方が、それぞれの思いや目的を持って参加され、あっという間に2時間が経って終了となりましたが、ワークを終えた後、私の胸のあたりは、とても暖かくほぐれた感じがありました。

来て下さる方が言うには、声のヨガは「楽しい!」のだそうです。「ほわぁ〜っとなる」と表現してくださった方もおられました。

現代人は、私も含めて、頭を使って(使いすぎて)いるところがあると感じています。仕事をしていれば、「何日までにこれをしなくちゃ」「ミスしないようにキチンとしなければ」と思うことも多いでしょうし、家族がいれば、家庭での色々なことで頭を使うこともあるでしょう。

必要なところで頭を使うことは、社会生活を送る上で大事なことだと思いますが、バランスを取っていくには、頭を緩める時間も、同じように必要だなぁと思うのです。

私にとっては、声を出したり、散歩に出かけたり、お花をみたり、空をみあげたり、自分を感じてみたり・・・そういう時間が必要です。皆さんは、どうでしょうか?

次回の「声のヨガ・ワークショップ」は、4/26(日)13:00〜15:00に開催を予定しています。会場の換気、消毒を心掛けて、スペースをしっかり取りながら、その時の状況をみながら、ワークを選んでいきたいと思っています。

*4/26(日)の「声ヨガ」は、オンラインに変更して行います。
ご興味がある方は、HPで詳細をご確認くださいね。
http://arts-healing.skr.jp/workshop.html




posted by YUKI HIRANO at 16:08| このブログについて

2020年01月22日

それぞれの方の「特質」について

皆さん、こんにちは。
最近、いろいろな所で、グループの中にいる時の自分の状態について、悩んでいるというお話を、よくお聞きします。

それぞれの状況は異なりますが、「グループの中にいる時に、自分の状態を心地よく感じられない」ところが、共通しているように思います。

そして、そういう悩みを持つ人は、割と多いのかもしれません。

人といると、自分がわからなくなる。
人といると、いつも合わせてしまう。
言いたいことが言えなくなる。
疎外感を感じる。
人の中にいると疲れる。

もっと様々なパターンがあると思いますが、そのようなことを感じることはあるでしょうか?

私は長く音楽をやってきたのですが、誰かの演奏を聴くと、その音や音楽に、その方が今、人間として持っておられる課題のようなものを、感じることがあります。

そして、感じたことをお伝えすると、そのことが日常でも起こっていると言われることがあります。


自分の体験から、「音には、その人が表れる」と感じています。


もちろん、課題だけではなく、その人が持つ「素晴らしい特質」も感じていますが、でもそちらのほうは、奥のほうに隠されていると感じることもあります。

その「特質」が表に表されるためには、その課題と向き合うことが必要なのだと思います。

私が定期的に行っている「声のヨガ・ワークショップ(ヨガ・オブ・ボイス)」では、声を出していくのですが、声には、楽器の演奏よりもっと、その方の状態が表れます。

その自分の状態に気づいていくこと、その状態を受け入れていくことから、自分と向き合うことは始まります。

自分と向き合うことは、簡単なことではないかもしれません。見たくない部分もあると思います。でも、自分と取り組むことによって、自分の中に隠れている、自分の「素晴らしい特質」が、少しずつ表れてくる可能性を感じてみると、どうでしょうか?

自分の中には、「素晴らしい」部分などないと思っている方もおられると思いますが、自分には見えなくとも、人からは見えていることも多いのですよ黒ハート

「声のヨガ・ワークショップ」は、2/2(日)13:00-15:00に行います。詳細は、以下のHPのイベントページでご覧ください。
http://arts-healing.skr.jp/workshop.html




posted by YUKI HIRANO at 19:17| このブログについて