2020年11月16日

「光の使者になる」セミナーを終えて

皆さん、こんにちは。

9月に瞑想セミナー「光の使者になる」を開催してから、もう2ヶ月になりました。ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました揺れるハート

セミナーのことをブログに書こう書こうと思いつつ、今に至っていますあせあせ(飛び散る汗)

このセミナーは、Meditation&Healing Mahoraの吉村真理子さんが、高次のガイドと共に構築されたもので、瞑想では、私たちの中にある神聖な部分と、何度も何度もつながる体験をしていきます。

9月のセミナーは、私にとっても初めての瞑想セミナーでしたので、最初は少し緊張していましたが、最初のエネルギー調整を終えた後は、不思議と、とても静かで落ち着いている自分を感じていました。自分の内なる神聖な部分を信頼している感覚でした。

以前の私は、神というものは外部に存在していて、神のようにありたいと思うことはあっても、私の中に神聖な部分があるということを考えたことがありませんでした。ヒーリングを学び始めて、自分の中にも「内なる神」「内なる光」というものがあることを知りましたが、実際には、それをなかなか体験出来ずにいました。宗教の影響が多分にあったと思います。

当時は気づきませんでしたが、私は長年、外側の神ばかりをみていて、神は素晴らしく、神の言うことは絶対なのだから、自分が悪く、自分が間違っている、神に「よし」と思ってもらえるようにならなくてはと思って生きていて、自分自身を十分に生きていなかったように思います。もちろん、長い目で見れば、そういうことも経て、今ここに導かれているのですから、どのような経験も大切なのですが。。

そのような私が、やっとやっと自分の中に「神聖さ」があることを感じ始め、「内なる光」とつながることがどういうことなのか、少しずつ体感的に感じることが出来るようになり、自分の中に、自分の家のように「戻ってこられる場所」を持っている安心感、安定感を感じるようになりました。

この「内なる光」があることを知っていること、そしてそれとつながっている状態を知っていることは、生きていく上で、とても支えになります。自分が、より自分らしく生きていくためにも、とても大切な感覚だと思います。もし、このようなことに興味がある方がおられたら、ぜひ体験していただきたいなと思っています。体験セミナーも、そのうち開催できたらと思っていますので、その時にはまたご案内しますね。

そして、この瞑想セミナーの面白いところは、誘導の言葉通りではなくても、ご自身にとって必要なことが生じてくるところです。

参加してくださったfukuchouさんが、セミナーでの体験をブログにアップしてくださいました。fukuchouさんは、ご自身での瞑想体験も豊富で、Mahoraの全セミナーを受講されているような方なので、とても詳細に体験を綴ってくださっています。
ブログその1
ブログその2

次回の「光の使者になる」セミナーは、2021年2月21日(日)と23日(祝火)に開催予定です。お問い合わせ・ご質問などは、以下のHPよりご連絡ください。

セラピーHP:「Sound-Arts-Healing」
posted by YUKI HIRANO at 23:47| 瞑想