2020年06月02日

6月「声のヨガ21分」

皆さん、こんにちは。
大阪では緊急事態宣言が解除され、仕事も一部は対面で行い始めていますが、引き続きオンラインも継続しています。特に、声を出すワークは、オンラインになってしまいますね。。

さて、6月も引き続き、ZOOMでの「オンライン・声のヨガ21分」を無料で行っています。明日6/3、6/10、6/24の水曜日、朝10:30-11:00に開催します。ご興味ある方は、詳細はこちらからご覧ください。

声は、自分の状態を表します。私たちがそれに気づいていなくても、声を出すと、自分自身とつながっていきます。知らず知らずのうちに抑えていた感情が浮いてきたり、緊張していると思っていなかった身体が緩むことで、「ああ、今まで力が入っていたんだ」と気づくこともあります。

私自身は、大学で音楽(ヴァイオリン)を専門に学んだので、副科として、ピアノや歌も習いました。音程は取れるものの、声が出ないし、自分の声自体が好きではなくて、カラオケでも一切歌わないという人間でした。

ですから、今このように、声のワークをやるようになるなんで、夢にも思っていなかったのですが・・・(笑)声のヨガ(正式名称:ヨガ・オブ・ボイス)を学びだして、声を出しているうちに、段々色々なことが気にならなくなってきました。

これまでは、「ちゃんと歌わなきゃ」「声がでない」「あの人みたいに、いい感じで歌えない」と思っていたことが、段々どうでもよくなってきて、何より、声を出すと心地よい、楽しい、勝手に鼻歌歌ってる・・・というような状態に変わっていきました。

もし、同じように、自分の声に悩んだり、好きになれないと思っている方がいたら、「声のヨガ」をおススメしたいです。もちろん、1回歌ったら変わった!・・ということではありませんが、皆さんが「声のヨガ」で行ったことを、家でも続けていかれるならば、きっと、少しずつ変化があると思います。


セラピーHP:「Sound-Arts-Healing」








posted by YUKI HIRANO at 21:34| 声のヨガ